ひびのこと

すき= フィルムカメラで撮る写真・本・音楽・コーヒー・てしごと

NMAO


Wolfgang Tillmans展 at 国立国際美術館

7月の末頃かな….に行って来たティルマンスの展覧会。

一部屋一部屋でテーマがあって見飽きる事がなかった。

テーブルの上に置かれたものを撮った写真。日常のあれこれ。
しなびかけた果物だったり、タバコの吸い殻や食べた後の皿….日常の何気ない1枚。
だけど何気なくはない。

そして展示の仕方。

一般にこういう美術館の展覧会で見る展示とは大きく違い、ピンやクリップで直留め
(額に入っていない写真の方が多くてしかもインクジェットプリンター出力)、一部屋ごとに飾り方が違う。

大きな写真からスナップ写真まで混ぜこぜで飾られているけれども、部屋の入り口から全体を見渡すとそれがしっくりくる。

色んな見方ができる写真家だと思う。
そして色んなものを投げかけてくる写真家だと思う。

よかった。