読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひびのこと

すき= フィルムカメラで撮る写真・本・音楽・コーヒー・てしごと

Olive

今月は本を沢山買った。

SWITCH(COMME des GARÇONS 特集)

BRUTUS

Ku:nel

自然にふれて取りもどす 人間の基本….。

目に入るのはこれだけだけど、まだ他にも何冊かの雑誌と小説も買った。

その中でも発売を今か今かと待ち望んでいたのが、GINZAのolive特集号。 まさにOlive世代の私には楽しみでしょうがなかった。

私にとってのバイブルだったこの雑誌はファション誌だったけど、ファッションだけにとどまらず、使っている雑貨やインテリア、音楽、ページのデザイン、紙質、全てが好きで毎号出るのを楽しみにしていた。

雑誌をぼろぼろになるまで読んだのはオリーブくらいじゃないかな。

かなりの田舎で暮らしていたので、Oliveの世界は別世界、雑誌に載っている服がすぐに買える訳でもなく、いつも「いいなーこの服着たいなー」とか「こんな雑貨が売ってる所に行きたい」と都会に思いを馳せ、そして「これは作れるかも?」と思うようなものは片っ端から作っていた。

例えばパッチワークのベッドカバーとか、手縫いの熊のぬいぐるみとか、近所の手芸屋さんに行っては生地を選び、糸を選び、チクチクと縫っていたのを覚えている。

デニムもカッコいいデニムが欲しくて、漂白剤や軽石で色を落としたり、はさみで切ったり、どうしたらこんな風になるのか、試行錯誤しながら色んな事をやっていた。

手に入るものは限られていたけど、そんな中から自分なりに考えて作っていく事が本当に楽しかった。

岡尾さんや吉本さん、酒井順子さん、栗尾美恵子さん(元若乃花の奥様)、大好きだったDo Damily、フリッパーズギター

その当時好きだったものは私の根っこになって今に繋がっている。 あの頃この雑誌に出会えてよかった。

流石マガジンハウス。